3月16日の「きょうの料理」は、

桜のシフォンケーキのレシピの紹介でした。

春の季節にピッタリの桜の花びらが、

シフォンケーキの見た目を引き立ててくれます。


桜のシフォンケーキ

春の季節にピッタリの

桜のシフォンケーキのレシピです!

材料

【卵黄生地】
・卵黄 4コ
・桜あん(市販)180g
・水 60ml
・サラダ油 50g
・薄力粉 100g

—————————————-
【メレンゲ】
・卵白 4コ
・グラニュー糖 50g
—————————————-
・桜の花の塩漬け(市販) 6コ(20g)

下準備

①桜の花の塩漬けは、

かぶるくらいの水につけて

5~10分間置いて塩抜きをしておく。


②オーブンを170℃に温めておく。

作り方

【卵黄生地の作り方】

①卵黄をボールに入れ、泡だて器で解きほぐしていく。


②桜あん(市販)180gを入れて、

卵黄としっかりと混ぜていく。


③水60mlを入れて混ぜ、混ざったら

次にサラダ油50gを入れて混ぜる。


④薄力粉100gをざるにふるって、

3回に分けて加えて、粉っぽさや

ダマがなくなるまで混ぜる。


【メレンゲの作り方】

①ボールに卵白4個分を入れ、

ハンドミキサーで高速で大きく泡立てる。

柔らかいツノが立つまで泡立てていく。


②柔らかいツノが立ったところで、

グラニュー糖を25gくらい加えて、泡立てていく。


③少し泡立てたところで、

残りのグラニュー糖25gを加え、

大きく泡立てていく。


※モコモコ感が出て、

ツノがしっかりと立てばOK。


【生地の合わせ方】

①メレンゲを半分くらい、

先ほどの卵黄生地に加える。


②大きく底からすくって混ぜ合わせていく。

泡をつぶさないように注意する。


③8割くらい混ざったら、メレンゲのボールに移し、

底からすくい上げるように混ぜわせていく。

※この時、ぐるぐる混ぜないように注意する。


【生地の焼き方】

①桜の花の塩漬け(市販)6コ(20g) 

紙タオルで水けを取ったもの。

シフォンケーキの型の底に並べていく。


②生地を流し入れる。

このとき1か所から入れることで

出来上がりの時に空洞が出来るのを防げる。

仕上げにゴムべラで均等な高さにする。


③網か天板にのせて、170℃に温めたオーブンで約45分温める。

生地が最大に膨らんだあとに、下がり始めたら焼き上がり。


④焼きあがったら、すぐに逆さまにして台の上に置く。

半日ほど常温にして、完全に冷ます。


⑤冷めたら、パレットナイフを側面に入れて

グルグルと回し、筒を押さえながら型から

ケーキをはずす。


⑥底とケーキの間にパレットナイフを入れて、

型を1周回していきます。

1周回したら、ひっくり返しゆっくりと

ゆすってあげると、ケーキが綺麗に出て完成です。